公共料金をクレジットカードで支払うデメリットは?

公共料金の支払い方法としては、従来は金融機関などに払込票を持って行き、支払うという形がもっとも一般的でした。
多くの家庭では、この自動引き落としを利用しているのではないでしょうか。
それ以外の支払い方法として、クレジットカードによる公共料金の支払があります。
しかし、クレジットカードの利用には公共料金の支払いの場面に限らず、ちょっとした注意が必要なのは言うまでもないことでしょう。
クレジットカードで公共料金を支払う設定にしておくと、たしかにカードの明細で公共料金がいくらかかったかを一元管理できるので便利です。
最近ではインターネットや携帯電話で、楽に利用明細を確認できます。
カードを使う時、多くの人は何にいくら使ったか、という細かい数字にあまり気を配りません。
その結果、電気代や水道代、ガス代などに対する節約の意識が薄れがちです。
お金にある程度余裕のある人であれば、いくら浪費しようが構わないのですが、ちょっとでも節約したいという人は、クレジットカードの明細にはしっかり目を通し、前の月などの比較する必要があります。